高圧受配電盤 設計.com

設計者のための高圧配電盤のコストダウン、省スペース化、トラブル防止技術をまとめた技術情報サイト

高圧受配盤の技術相談室

TEL:0875-83-4100

お問い合わせ

高圧受配電盤 設計.com 設計改善事例案

高圧配電盤に関わるレイアウト設計改善のポイント

  1. MCCB盤と変圧器盤の配置改善
  2. 特高盤(特別高圧盤)と変圧器との直結
  3. 特高監視盤と直流電源装置の一体化
  4. VCB盤とコンデンサ盤の一体化
  5. 油入TRの採用と盤の簡略化
  6. 直流電源装置の屋内盤を屋外盤に収納
  7. 変圧器更新による省エネ効果及び設置スペース縮小化
  8. 前後面保守盤から前面保守盤更新
  9. 屋外ハウス盤による改善事例

高圧配電盤の筐体設計改善のポイント

  1. 屋外盤の遮熱対策
  2. 屋根裏換気方式
  3. 扉開放方向の変更
  4. 屋外の床下への水侵入対策
  5. 変圧器とのダクト接続
  6. 転倒防止フレーム
  7. 換気筒を溶接構造からリベット構造へ変更

高圧配電盤の内装設計改善のポイント

  1. 屋外の床下への水侵入対策
  2. 確実に防塵換気
  3. VCB盤(3段積)のコンパクト化
  4. 補助ユニットのスケルトンを溶接構造からリベット構造に変更
  5. MCCB前面カバー穴の共通化

高圧配電盤の機器選定のポイント(配線関連)

  1. プラグインMCCBの採用
  2. 一体化故障表示機
  3. 故障表示器を個別から集合タイプに変更
  4. (変圧器励磁突入電流抑制機能付LBS)採用
  5. スマート電力モニタ採用によるコストダウン

高圧配電盤の機器選定のポイント(付帯部品関連)

  1. パンチングメタルから風窓の鉄板に変更
  2. 扉ストッパーによる安全対策
  3. 碍子取付ネジをセムスネジに変更
  4. 碍子取付ネジを根付四角ボルトに変更